電話受付時間
平日9:30~16:00
 定休日  
土・日・祝日
 

お気軽にお問合せ・ご相談ください  

03-6403-7538
示談交渉、示談

学生の逸失利益の計算方法

逸失利益の計算方法

逸失利益とは、後遺障害によって減ると考えられる収入についての賠償です。

通常、逸失利益は、

基礎収入×労働能力喪失期間に相当するライプニッツ係数×労働能力喪失率

で計算します。それぞれの項目について、詳しくはこちらへ

ところが、若年者の場合は、まだ働いていないため、基礎収入がいくらになるのかわかりません。

そこで、若年者の場合は、賃金センサスを基準として計算をすることになります。

 

賃金センサスとは、国が調査している性別、年齢、学歴等における平均収入です。

学生で利用される賃金センサス

交通事故の被害者が小学生、中学生、高校生の場合、最終学歴が何になるかは不明です。

そのため、使用される賃金センサスは、すべての学歴を含めた平均収入になることが多くなります。

一方、交通事故の被害者が大学生の場合は、最終学歴は大学になりますから、使用される賃金センサスは大学卒の平均収入になります。

さらに、大学生の場合は卒業後の就職について内定をもらっている場合がありますから、そのような場合は、その企業等に就職したことを前提に基礎収入を考えていきます。

それに加えて、例えば医学部に所属している場合は、医学部を卒業して医師になる可能性が相当に高くなりますから、医師の平均収入を基礎として基礎収入を考える必要があります。

交通事故の被害者の方へ

逸失利益は後遺障害がある場合に必ず加害者側保険会社から争われる項目と言っても過言ではありません。

保険会社からの主張に反論するためには、後遺障害についての正しい知識が必要です。

ぜひ、後遺障害について詳しい弁護士にご相談ください。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-6403-7538
受付時間
平日9:30~16:00
定休日
土・日・祝日

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-6403-7538

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。