〒102-0084 東京都千代田区二番町9番3号 THE BASE麹町

電話受付時間
平日9:30~16:00
 定休日  
土・日・祝日

お気軽にお問合せ・ご相談ください  

03-6403-7538
交通事故による後遺障害

脊柱の圧迫骨折(頸椎、胸椎、腰椎)と後遺障害

背骨(頸椎、胸椎、腰椎)を骨折した場合、骨折の治療や後遺障害はどのようになるのでしょうか。
交通事故事件を多く取り扱っており、医療の国家資格を有する弁護士が詳しく解説します(当法律事務所の弁護士の経歴はこちらへ)。

脊柱の構造

脊柱の構造(真横から見た図)

脊柱(せきちゅう)、いわゆる背骨は、小さな1つ1つの骨(これを脊椎(せきつい)といいます)が積み重なってできています。

脊柱(せきちゅう)は、上半身を支える役割を持つとともに、脳から出る柔らかい神経線維の束である脊髄を囲み守る役割を持っています。

 

脊柱は上から(けいつい)が7個、胸椎(きょうつい)が12個、腰椎(ようつい)が5個、仙骨(せんこつ)と尾骨(びこつ)でできています。仙骨はもともと5個の骨からできていましたが、進化の過程で1つに統合されたといわれています。

怪我の種類

圧迫骨折の模式図

これらの1つ1つの骨に一定以上の衝撃が加わると、骨折が生じます。そして、この背骨の構造上、骨折が起こるのは圧迫によるものなので、脊椎の骨折は圧迫骨折となります。

頸椎、胸椎、腰椎のどの骨にも圧迫骨折が起こりますが、一番多く起こるのは腰椎です。これはもともと多くの荷重を支えている骨で、かつ、圧迫を最も受ける位置にあるためです。

一般的な圧迫骨折は、1つの椎体に上下の圧迫が加わり椎体がひしゃげる形での骨折です。これよりも強い衝撃が加わると、骨折を起こす椎体が複数になり、また、椎体の形自体が崩れる破裂骨折となります。

 

脊髄の模式図

さらに強い衝撃を受けた場合は、傷害が椎体にとどまらず、椎体が保護している神経の束である脊髄にも至ります。

図の黄色い部分が脊髄(神経の束)で、灰色の部分が脊髄を囲んでいる骨である脊椎です。

脊髄が傷害される(脊髄損傷)と、その脊髄が支配している身体の位置よりも下の部分について麻痺や感覚障害が発生します。脊髄が完全に傷害されると完全な麻痺となり、不完全な傷害であれば不完全麻痺となります。

 

交通事故で圧迫骨折が生じる場合、その多くは歩行中や二輪車乗車中の事故ですが、車両に乗車中であっても重大な事故の場合は複数の圧迫骨折が生じることがあります。

治療

骨折が重度でそのままでは上半身を支えられないと判断される場合は、金属のプレートやスクリューを利用して固定する固定術が行われます。

固定術が不要な場合は、ギプスや装具を利用して上半身の動きを制限した上で支持性を獲得し、リハビリを行っていきます。

 

後遺障害

一定期間のリハビリを行っても症状が残存する場合、後遺障害の等級の認定申請をします。

交通事故による後遺障害について、詳しくはこちらへ→後遺障害の基礎知識

最も重度な脊髄損傷が発生している場合は、その神経損傷の程度に応じて麻痺や感覚障害が生じますから、その障害に応じて身体能力が把握できる資料を用意する必要があります。

脊髄損傷がなく、圧迫骨折のみの場合は、どのような手術が行われたか、手術が行われていない場合でも椎体にどの程度の変形が生じているかを判断できる資料をそろえる必要があります。また、申請時の脊柱の動きの範囲がわかる資料を作成する必要があります。

この手術歴、変形の程度の重症度、脊柱の可動範囲により、後遺障害の等級が認定されます。また、変形が軽度である場合は、等級に認定されない、非該当の場合もあります。

 

医療と交通事故の専門知識がある弁護士が事件を担当した場合と、そうでない場合、損害賠償の金額には大きな差が生まれます。具体的な事件について、詳しくはこちら→専門知識の重要性

当法律事務所は、交通事故の被害者の方からのご相談をお受けしております。(当法律事務所の特徴的な取り組みについて、詳しくはこちらへ→当事務所の後遺障害の申請

65 脊柱に著しい変形又は運動障害を残すもの
82 脊柱に運動障害を残すもの
117 脊柱に変形を残すもの

 

 

手術を受けていない場合は、ほとんどの場合第11級に認定されるが問題となります。

また、圧迫骨折が生じた場合、その際に周囲にある神経を損傷することがあります。これにより痛みやしびれなどの症状が発生した場合には、神経障害についても後遺障害が問題となることがあります。

 

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-6403-7538
受付時間
平日9:30~16:00
定休日
土・日・祝日